MENU
いつかkindle本出せたらいいな。 詳しくはこちら(未設定)

【見えない時はいる前提】危険予測は限りない想像力で!!!③二輪車の運転編(自転車)

今日も元気に危険予測のお話です。

色々教材発掘したのです。

画像はイタルダインフォメーションさんからお借りしています。

結論
危険予測はもう妄想レベルでよいのでは・・・と思う今日この頃。
見えない時はいる前提。
そして見るってことにも理解が必要かと思います。

書いているのはこんな人

指導歴18年の現役教習指導員です。

危険予測は起きないことの方が大半ではありますが、準備さえしておけば。。。

と悔やまれることも多いのが交通事故です。

危険を予測し起きる前提で準備しておき、起こらなかったら特大ラッキー👍

くらいに思いましょう。

目次

あなたは二輪車に乗っています1

自転車も同じだと思います

あなたは今、二輪車に乗ってカーブに差し掛かろうとしています。

左にカーブした後少し、下っているようです。

どんな危険が考えられるでしょうか。

カーブした先が見えない

なのでどんな対向車が来るかわかりませんね。

もしかしたら猛スピードで駆け上がってくる大型車がくるかもしれません。

もしかしたらそれに驚いて自分が転んでしまうかも。

そして右側が明らかに工事現場ですよね。

そして左側は山???

となると道路の滑りやすさは街中とは比較にならないかもしれません。

交通量が少ないと思えば、簡単な気持ちでセンターライン超えてくるかも。

よく見ると左側。。。

工事現場なうえにジェットコースター???

それもとつくかけの橋でしょうか。

そのカーブ手前なのは。。。バス停???

妄想がたぎりますね!!!

曲がった先に工事車両が停まっているかも。

もしかしたらその工事車両は後退中かも。

あなたは二輪車に乗っています2

自転車は右側こないよね

あなたは二輪車に乗っています。

道路が渋滞しているので、右側をすり抜け中です。

対向車もなく快適にすり抜けていますが、どんな危険があるでしょうか。

1台だけ何かが違いますよね

芸が細かい

トラックの前の青い車だけ右合図出ていますね!!!

道路が渋滞しているかなのか、用事があったのかわかりませんが。

きちんと右合図が出ています。

でも何も考えずにすり抜けていたらどうでしょうか。

二輪車の視界は縦長なので、快適だな~くらいにしか思っていなけれ事故の元なのです。

詰まっていると右合図とハザードの区別がつかない

ちょっと話題はそれるかもしれませんが…

3,4台連続駐車していた場合。

一番後ろの車がハザード点灯していると、真ん中や先頭がいくら右合図を出していても・・・

後続車からはハザードだと思われてますよ。

だって左側なんて見えていないのですから。

走っている車に乗っている場合でも、安易にハザードだとは思いこまずに進行しましょう。

もしかしたら発進の合図なのかもしれません。

そして追い越すだけ追い越したら、さらにもう1台いて戻れないなんてことも・・・

あとは渋滞中の合間からの歩行者は鉄板ですよね。

おわりに

以上の事からも何事も自分の目で確認してから行動するのが安全です。

見えない以上はいる前提で、万全の状態で進行しましょう。

結論
危険予測はもう妄想レベルでよいのでは・・・と思う今日この頃。
見えない時はいる前提。
そして見るってことにも理解が必要かと思います。

危険予測は妄想レベルで!!!

を合言葉に安全運転よろしくお願いします。

そして危険は一つとは限らないのです。

複合でこられると対応も難しくなります。

だから予測しづらい時は、長めの車間距離とゆったり目の速度で走行しましょ。

転んで怪我するのは自分です!!!

ハンドルで交わすよりブレーキで調節!!!

それは二輪でも四輪でも同じですよね。

あいらでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる