MENU
いつかkindle本出せたらいいな。 詳しくはこちら(未設定)

【見えない時はいる前提】危険予測は限りない想像力で!!!①譲られた右折編

今日は危険予測のトレーニング!!!

画像はJAFさんの大昔のJAFMateさんからお借りしています。

結論
危険予測はもう妄想レベルでよいのでは・・・と思う今日この頃。
見えない時はいる前提。
そして見るってことにも理解が必要かと思います。

書いているのはこんな人

指導歴18年の現役教習指導員です。

危険予測は起きないことの方が大半ではありますが、準備さえしておけば。。。

と悔やまれることも多いのが交通事故です。

危険を予測し起きる前提で準備しておき、起こらなかったら特大ラッキー👍

くらいに思いましょう。

目次

ケース1 譲られたので右折

まずはこちらの写真を見てください。

  • あなたは今、右折でファミレスに入ろうとしています
  • 対向車はパッシングをしてくれました
  • なので右折開始しようと思います
ゆらちゃん

なんて優しいの・・・
右折します!!!

と安易に右折開始すると4回事故になります!!!

人間は自分の都合がいいように解釈しますし、見たいものしか見えません。

事故パターンその1

見え見えのバイクですね~。

夜であれば暗いので、前車のパッシングも見えるかもしれません。

でも昼間だと、バイクからは見えないのではないでしょうか。

不思議と「やった!!!」と思ってしまうと、目の前のバイクさえ見えないことがあるのです。

ライダーさんからしても譲る気はなさそうですよね💦

事故パターンその2

これは左側を抜けてくるバイクですね!!!

対向車が渋滞しているため、左側を抜けてきているライダーさんは見えません。

もちろんいないかもしれませんが、いるかもしれませんよね???

けして、いない前提で行動してはいけないのです。

事故パターンその3

まったく見えていない歩道です。

張り切って右折した際に、歩道に自転車や歩行者がいたら・・・

もう大惨事しかありません。

しかも歩道で歩行者をはねるだななんて・・・なんの言い訳もできませんよね。

だ~か~ら!!!!

歩道や路側帯を横切るときは一時停止なのです!!!!

人がいてもいなくても一時停止です。

【道路交通法第17条の2】通行区分
車両は歩道等に入る直前で一時停止し、歩行者の通行を妨げないようにしなければならない。

でもでも残念なことに、学科教本だとものっそい見通しが良いのですよね。

そのせいで一時停止なければならないということが、伝わりにくいのだと思います。

でも、この写真を見ていただければ、一時停止しないと!!!!

ご理解いただけると思います。

事故パターンその4

確かに心優しい対向車がパッシングをして道を譲ってくれました・・・

これは間違いないでしょう。

でも!!!誰に???

ってことなんですよ。

では拡大してみましょう。

お2人は・・・

お2人はいったいどこを見ていますか???

完全にファミレスの駐車場ですよね!!!

つまりは道路が渋滞しているので、駐車場から出たい車に対して道を譲っているのです。

けして私たちが譲られたわけではありません。

でも人間は自分が都合の良い判断をしがちなのです。

みなさんも経験則で分かると思いますが。

本体は駐車場だって左側通行ですよね???

それなのに堂々と真ん中ふさぐ車多いですよね。

もしこの駐車場から出ようとしている車がそんな車だったら????

最悪のシナリオは正面衝突なんですよ。

もちろん便乗で右折するのもよいでしょう。

でも、確認をおろそかにしたり、予測を甘くしてはいけないのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

結論
危険予測はもう妄想レベルでよいのでは・・・と思う今日この頃。
見えない時はいる前提。
そして見るってことにも理解が必要かと思います。

よく教習で・・・

悲しくなるくらい聞かれるんですよねぇ。

そんなに考えないといけないんですかって。

逆になんで考えなくていいと思うのかよくわかりません😢

ただ操作しているだけなのは運転とは言いません

それに安全運転をしうようと思ったら、本当に難しい事なのです。

自分の感情とも向き合い、見たこともない赤の他人の事情までも考える。

また誰もがミスを犯すものなので、ほかの人のミスもフォローしないとですし。

そしてこんなこと起きるのでは・・・と予測し続けるのですから。

なので危険予測は限りない想像力で!!!!

今日も安全運転でいきましょ~🌈

あいらでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる