MENU
いつかkindle本出せたらいいな。 詳しくはこちら(未設定)

【見えない時はいる前提で】危険予測は限りない想像力で!!!②夜の運転編

今日のお話も危険予測のトレーニング!!!

といっても、難しいものでもなく誤解というか勘違いしやすい問題です。

画像はJAFさんの大昔のJAFMateさんからお借りしています。

結論
危険予測はもう妄想レベルでよいのでは・・・と思う今日この頃。
見えない時はいる前提。
そして見るってことにも理解が必要かと思います。

書いているのはこんな人

指導歴18年の現役教習指導員です。

危険予測は起きないことの方が大半ではありますが、準備さえしておけば。。。

と悔やまれることも多いのが交通事故です。

危険を予測し起きる前提で準備しておき、起こらなかったら特大ラッキー!!!

くらいに思いましょう。

1回目はこちら

目次

夜の運転ってこういうこと

ではでは早速いってみましょう!!!

街灯もないよ

あなたは今、暗い夜道を走っています。

街灯もなくとっても暗いです。

そして左側方の自転車を追い越そうと思います。

なんとラッキーなことに、対向車はツーリングでしょうか。

ライダーさん×3。

絶好の追い越しタイミング!!!!

やる気に満ち溢れた人

よっしゃ!!!!
追い越したるぞ!!!

と軽く考えていると正面衝突が待っています。

誰と????

それはね、

おや???様子が変だぞ???

と気が付けたらなんとかなるかも!!!

ライトとライトの間に白い、四角いものが見えますよね。

つまりこれは右の前照灯が切れてしまった四輪車なのです。

バイクにはフロントにナンバーはありません。

暗いので前照灯上向きなのでしょう。

しかも先頭がライダーさんだと、ツーリングみを感じてしまうんですよね。

それが思い込みというものです。

だから警察はライト切れてる車はサクサク止めてきます。

危ないからです。

心の折れそうなママさん

ただの整備不良くらいいいじゃない

おじさん

いちいちうるさい!!!
俺からは見えている!!!

という、問題ではないのです。

意外と警察も優しくて、最初に見つかった時は厳重注意ですよ。

なのでもし

怒れるおじさん

1回目なのに切符切られた!!!

という方はすでにご家族の方が注意されているのかも。

だから1度厳重注意されたら、きちんと家族会議にかけましょうね。

夜の運転の注意

夜の怖いところは結局見えづらいところなんですよね。

というか見えないんです。

なので悪条件の学科でも話しますが、基本的に学科教本や強調したい順番で並んでいます。

つまり一番の悪条件はなんてたってダントツで夜なんです。

2番目は雨です。

そしてきよらさんから、夜間の映像頂きました~。

きよらさん、ありがとうございます💖

交通量はさほどではない道路ですが、最後までみていただけるとわかりますがこの先カーブなんですよね。

ということは対向車の有無は微妙なのです。

夜なら普通はライトで対向車の有無はわかるはずです。

でももし無灯火の車がいたら???

バスから降りてきた人が横断してきたら???

昼間なら簡単に見えて判断できるかもですが、見えないというのはこういうこと。

簡単に判断してよいものではないのです。

それともう一つ。

とらきちさん、ありがとうございます💖

これまた街灯がすごく少ない道路です。

ビバ自転車の反射材!!!!

背中にでも反射材付けてくれるともっとありがたいですけども。

そのためにはもっと可愛い、かっこいい反射材できてほしいですね。

あと反射材入りの靴とかも取り入れやすいかと思います。

ライトは下から当たっていきますのでね。

夜にお散歩や自転車に乗る方もお気を付けくださいね。

もう日が暮れるの早くて…車からは自転車のペダルの反射材だけが頼りなのです。

私たちも頑張りますので、よろしくお願いします。

事故事例

古い事故なので、検索しましたが出てきませんでした。

うろ覚えのところもあるかもですが、創作ではありません。

とあるカップルのお話です。

まだ若いカップルだったので、運転免許証は持っていたものの車は持っていませんでした。

彼氏のパパさんはベンツに乗っていて、毎週そのベンツでゴルフに行っていたそうです。

ところがある日、デートに出かけようとしたらパパのベンツが車庫にあるじゃないですか。

彼氏は急遽、デートコースを変更しドライブデートにしました。

山へ

事故は帰り道で起こりました。

トラックとの正面衝突で、左ハンドルのベンツだったたため助手席の彼女が帰らぬ人になりました。

パパの話によると、その日もゴルフには行っていたのです。

パパ

右の前照灯が切れている!!!
こんな車ではゴルフ場へ行くの危ない。
よし、迎えに来てもらおう。

ということだったようです。

もし彼氏が事前に点検していたら、、、

起こらなかった事故のなのかもしれません。

もちろん前照灯が切れていたことだけが事故の原因ではないでしょう。

でも暗い夜道ではそれが命取りになることもあるのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

暗いってこういうことなんですよ。

そしてブレーキランプ、前照灯が片方切れたまま走っている車本当に多いですよね。

けして軽く考えないでください。

結論
危険予測はもう妄想レベルでよいのでは・・・と思う今日この頃。
見えない時はいる前提。
そして見るってことにも理解が必要かと思います。

いつだって妄想レベルの危険予測をお願いします!!!

起こらなかったら大ラッキーなだけで、けして損はしていません。

その予測したことがあなたの財産になります。

いつか本当に起きた時に対応できますように・・・

あいらでした!!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる