いつかkindle本出せたらいいな。 詳しくはこちら(未設定)

あってはならない教習車での事故って…以外にもこの3つのパターン

みなさん、こんにちは。

あいら(@Safety_aira)です。

今日のお話は、アンケートに1位に輝いた教習車での交通事故のお話です。

ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!!!

基本的に教習車は事故起こしません。

でも起きることがあるんです。

それは・・・・

追突事故です。(もちろんされる方)

目次

パターン1 追突事故

たいていは歩行者保護していたら、後続車が気が付かずの追突。

これはもう鉄板ですね。

9割がたがこの追突ですね。

意外でもなんでもないでしょ💦

でもね!?教習車が急ブレーキでならわかりますが、普通に止まっていたら数秒後にどん!!!とやられることが多いです。

しかも半分以上相手は自動車ではありません!!!

下手したら7割???

自転車ですね~。

すごいでしょ、一時停止している教習車に自転車が追突するんですよ…

自転車の場合は教習車の脇すり抜けてきてのミラーに当たることもあります。

この場合もしっかり交通事故なので、きちんと警察呼んで事故処理します。

たいてい100:0だったりするので、嫌がられることも多いですね。呼ぶけど。

相手が学生さんだった場合、絶対絶対絶対に警察呼んだ方がいいです。

逃がしちゃダメ。

万が一逃げられても警察呼んでください。

未成年の場合、親が出てきてひき逃げになっちゃいますよ。

彼氏や友達の入れ知恵パターンもあります。

親御さんは子供を信じるので、かごが凹んでいれば当然心配して聞きますよね。

もし擦り傷でも出来ていたら聞きますよね。

その時きちんと自分がぶつかったって言ってくれる子供さんは少ないです。

ただもう車とぶつかったと言うのでもうその後が大変。

なので警察入れて、後々何を言われてもひき逃げにならないようにしましょう。

警察が入っていなければ

物損で相手が当て逃げであっても傷がつくのはあなたの免許証です

パターン2 右折待ち中のミラーがあたる

これもぼちぼち。

右あてられることもあれば、左を抜けてくる車があてることもあります。

基本的に教習車はセンターライン超える前に補助しちゃうので、対向車が何も考えずに自転車とか避けようとしたパターンも。

ミラーの場合そのまま相手が走り去ってしまうことも多く、教習中止にないといけないのにしょんぼりです。

教習車はそれもすべて事故処理します

右折待ちの車の脇を抜けて行くときに、無理なスペースで行かせないのでこれもたいてい被害者ですね。

そして大切なのがやっぱりドラレコ…

今はいろいろなドラレコ増えてて安心です。

これなんかはちょっとお高いですけど、一つで360度録画できて、しかも邪魔な後部カメラないってことですよね。

いいと思います。

後付けでもたくさん出ているので、ぜひご検討ください。

パターン3 左折失敗してそのまま…

縁石にぶつかったり、ガードレールへ接触もごくたまにあります。

速度落とせない子あるあるですかね💦

だいたい数年に1回くらいかな~。

私はすぐ補助取っちゃうからな…

縁石こするくらいならまだしも、ボディ傷つくくらい行くことはめったにないですね。

でも私は事故が嫌なので早々に補助しちゃいますが、そのせいで自分が危ない運転をしていると気づいてもらえないのかな…と思わなくもないけど。

そこは私の語りで分かってもらうしかないと思っています。

あいら

曲がった先になにがあるかわからないから徐行なんですよ!!!

私の教習中の初事故

についていよいよお話をしていきます。

頑張って見取り図作ってみましたが、センスのかけらもありませんでした…

フィーリングで察していただける嬉しいです。

うん、不器用なのバレバレだねっ。

というわけで、状況説明しますね。

狭い生活道路で信号が青になったので、ゆっくり左折をしようと前進。

すると左側からママさんの自転車が、ぎゅんっと曲がってきました。

要は、ママさんは逆走で信号無視ですね。

ふと思いました。

夕方だよ、ママが来たってことは!!!と左折前に一時停止。

するとママの後を必死についてきた子供が曲がり切れずに教習車の側面にこつんと…

ちなみにタイヤが当たっただけで、この子が転んだりもしていないのです。

でもその子は半泣き…うん、わかるわ。私も泣きたい…

あいら

車どかせるからそこで待っててね。

と、お願いしてとりあえず左折して、教習生を待たせお話合いへ。

私が特大ラッキーだったのはママさんがすぐ傍にいてくれたことでした。

しかもママさんも自分の違反行為にわかっていたようなので、謝ってもくださいました。

でもギリギリ小学生くらいの子供相手に事故処理って心折れそうでした。

ママさんがいたから事故処理も話が早かったし、あとあともめることもなかったです。

ただ教習中止なので、1時間分の技能教習料金はいただくようですが…

このように危ないかも???というときは止まてしまうのが一番。

そうすると止まってる車に自転車がぶつかったことになります。

動いてるもの同士だと、自動車が自転車とぶつかったことになります。

番外編 人身事故ならやっぱり二輪

ってことでしょうか。

急制動での転倒や立ちごけが多い印象です。

時には指導員がライダーさんの教習性にはねられることも。

助けようとした結果なんですけどね。

それでも構えているせいか大けがした人はいません。

二輪に通われる方はケガすることもあると思っておいてください。

いくらプロテクターつけてても挟まれたりぶつけたらあざはできるし、捻挫もしますよ。

ちなみに私は一本橋で腱鞘炎になりました!!!

教習車が事故起こした後

第一当事者であれ第二当事者であれがっつり公安委員会に報告します。

ということは事故報告書を書くわけですよ、私が!!!

もらい事故で書く事故報告書ほど切ないことはないですね~。

車にかかわる業者さんはみなさんそうでしょうけど。

たとえ軽微な事故でも第二当事者であったとしても、このひと手間で事故報告書を書かなくていいならそうしたいなと思います。

おわりに

さて、みなさんの予想とくらべてどうでしたか???

まぁ追突は予想通りかと思いますが、自転車か原付が追突することが多いというのは予想外だったんじゃないかなと思います。

あとは世間への怒りを、なぜか教習車にぶつけてくる自転車や歩行者もいます。

まぁ仕方ないかな!!!と思って流していますが警察呼ぶこともあります。

教習車は要領が悪いだけで、けして遅いわけではありません

速度超過をしないだけなんです。

そして歩行者保護は確実に行います。

教習生が気づいていないなら私たちがお話して止めさせます。

急ブレーキにはならないタイミングなので結構早いはずですので…

みなさんのご理解とご協力よろしくお願いいたします!!!

あいらでした!!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる