MENU
いつかkindle本出せたらいいな。 詳しくはこちら(未設定)

【知ってほしい】アケラーは誉め言葉。車間距離は万能薬です③

いよいよ今日は3回目!!!

1回目はこちら。

そして2回目。

書いているのはこんな人

指導歴18年の現役教習指導員です。

私のポリシーで車間距離と、歩行者保護と、速度維持と一時停止には口うるさいです。

安全のためには超重要!!!

この記事のきっかけはベストカーさんの、記事でした。

トナラーはまぁわからなくもないですけど、カリラーは買わない人を馬鹿にしすぎ。

買う必要がないんだからそれがライフスタイルっていう話なだけなのに。

でもアケラーは!!!アケラーは。。。

なぜ車間を過大に取るのか? 調べてみると「追突された時のマージンを考えている」とか「車間を詰めすぎたら怒る人もいそうだから」みたいなことを言う人もいる。でも大半は「何となく」という感じ。もう少し掘り下げると、道路交通全体など眼中になく、自分のことしか考えていないんだと思う。教習所で教えていないということかも。

上記ベストカーweb記事より

なんとなくなんてことないですよ!!!

そして教習所は確実にスペースあけるように教習しています。

目次

車間距離が広いと嬉しい理由

特にMTや準中型の教習でのこと。

悪気も悪意もないんだとは思うんです。

でも・・・

教習生ビビってます。

発進に失敗してエンストすることも。

そうすると余計に時間かかりますよね。

ATの教習生であってもプレッシャーになります。

でも走りだすと不思議とスペースあけてくれているので、怒っているわけでも煽ってるわけでもなく

純粋に止まった時に車間距離が狭い人。

なんでしょうね。

万が一にも後ろが2人乗りだったりするともう怖い・・・😢

悪気も悪意もないにしても。

広めにあけてくださると怖くないし嬉しいです。

近いというだけで圧迫感があります。

もしかして・・・怒ってる???

もしかして・・・煽られてる???

って気になっちゃうので、集中を欠きますよね。

車間距離があいてないとこんなに危ない1(信号待ち編)

たとえばなんですけど。

道行く車が全員うまいとは限りませんよね。

自分はできていても、ほかの車が失敗してしまうかもしれないのです。

ってなった時。

相手が救急車だったら、ロードスターくんが突然バックしてくるかもしれませんよね。

もちろん後方確認して下がるべきですが、慌てると大変です。

でも最初からスペースあいていたら、落ち着いて対応できますよ。

自分のためにあけておくとよいのです!!!

車間距離をあけておかないとこんなに危ない2(横断歩道編)

横断歩道の開設に使いたかったけど、ここで投入!!!!

これが!!!!

これが噂の横断歩道に人がいるかいないか判断できない場合です!!!

斜め上からなら見えますよね。

むしろ縮尺おかしいのでトラックさんが真横にいても見えてますよね。

ところがです!!!

真横からの写真がこちら!!!

絶対見えない

だからいるかいないか判断できないときは

いつでも止まれる速度で進行しなければなりません。

もうむしろ一時停止しないと見えないんじゃないですかね。

渋滞してるならちゃんと横断歩道を避けて停止線で止まってほしいのです。

ここまで見えないのは車間距離をあけていないから。

ちなみにこのシチュエーションは、右左折した後すぐに横断歩道があるとよく起こります。だって対向車側は信号は赤ですものね。

よくあると思っていれば対応できるはず。

おわりに

3回に渡ってお届けしました。

車間距離がどれだけ大切なのか少しでもお伝え出来たらなと思います。

自分で思うより車間距離は広くていいんですよ~。

自分を守れるのは自分だけ。

見えなかったからと事故が起きても前方不注意って言われて責任が発生します。

だったら車間距離あけて広く見て

見えないと感じたら速度落として無理せず止まる

これが大事なことかなと思います。

あいらでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる