いつかkindle本出せたらいいな。 詳しくはこちら(未設定)

【女性必見】自動車の日常点検は大切です。絶対気が付いて警告灯編

みなさん、こんにちは。

あいら(@Safety_aira)です。

今日は日常点検の3回目。

警告灯についてお話します。

書いているのはこんな人

指導員歴だけは気が付いたら18年と長くなってきました。

でも私は整備士さんではありませんので、直せません。

エンジンルームの点検は怖くても、警告灯くらいは見れますよね!!!を合言葉にやっています。

まずは第1回

そして第2回です。

そして今回が3回目。

ただ前回までと違って写真がないので&車種によって場所が違うのでざっくりマークだけ見ていただけたらと思います。

画像はすべてダイハツさんからお借りました。(出典:ダイハツ

理由は私の車がダイハツだから~。

基本的には信号の色と同じです。

赤いものが付いたら運転は中止し、プロの判断を仰ぎましょう。

目次

赤い警告灯

この4つはもう一大事。

ただちに安全な場所に止めて各ディーラーさんへご連絡を!!!

プロに意見に従いましょう。

初代愛車トッポちゃんの悲劇

私が20歳になるかならないか頃のお話です。

ですので当然指導員ではありません。

ぎょろ目ライトがカエルみたいで可愛いトッポちゃんを運転中、何かが赤く光ったのでした。

この子が光ったのでした。

私は教習所でサイドブレーキの戻し忘れでつきっぱなしになると教わりました。

でもサイドブレーキはおりているし、なにより走行中なのです。

ちょうどガソリンも少なくなっていたこともあり、そのままスタンドへ。

当時はセルフじゃなかったので、店員さんに聞きました。

すると

店員のお兄さん

ブレーキパット5mmっすね!!!
交換しましょう

え???

5mmがやばいのかどうかすらわからなかった当時の私でした。

でもブレーキ効かないの怖いのでその場で交換してもらいました。

ちなみになんですが

  • 5mm以下になると交換推奨(次の車検で)
  • 3mm以下で早めに交換
  • 2mm以下ですみやかに交換

だそうです。

なので別に今すぐ交換しなくてもよかったかもしれません。

もしかしたらお安くできる方法もあったのかもしれませんが、命あっての物種ってやつですよ。

なにより警告灯光らせながら走る方が怖いので後悔はしてません。

特にぼったくられたような金額でもなかったし。

確か8000円くらいだったような。ような・・・

軽自動車にしては高いのかな???

ここで知識があるかないかが問われるわけですね。

そしてわずか2年でブレーキパットがすり減るという事態から、私の運転がいかに雑であったかもわかります。

ブレーキのタイミングが遅いから強くかけないと止まれない

強くかけるからパットがすり減るわけですよね

以来反省しやさしいブレーキを心掛けるようにしています。

黄色い警告灯

黄色は取り扱い説明書で確認を!!!

でも異常がなければ点灯しないので、各ディーラーさんに連絡してください。

そしてまたあいらに襲い掛かる悲劇・・・

3代目愛車 スイフトスポーツの悲劇(予兆もあったよ)

あれは・・・3月のことでした。

教習所は2,3月が繁忙期で、時間延長で20:30まで教習していました。

そんなある日の朝。

やけに暖房が効かないな~って思っていました。

ドライバーさんはわかると思いますが、コート着て運転しないじゃないですか。

なので寒いな。。。😢 と思って思っていました。

片道10㎞弱あるんですが、もう教習所まであと200mくらいの時に突然点灯したのです!!!

こいつが!!!!

なんですと!?!?!ってなりましたが、とりあえず動いているのでそのまま駐車場まで行きました。

朝で時間もなく頭と車を冷やしてから考えようと1日教習したのでした。

そして帰りに先輩に聞いたんですよ。

(私の代理にこゆきさん)

こゆきさん

暖房が効かないんですけど、これってやばいですか???

今すぐエンジンルーム見ろ!!!

やばかったらしいですよ、皆さん!!!

私はクーラーがガスがなくなると冷えなくなるのは知ってました。

だから暖房もかな~って思っていたのです。

ですが当時のお話なので今は違うかもですが。。。

暖房はエンジンの熱を回しているんですって。

暖房が効かない=冷却装置が回っていないんだ!!!

。。。あれ、朝そういえばエンジン警告灯ついたな~。

というわけで先輩とエンジンルーム覗いてみたら、なんと冷却液空っぽでした。

さあどうする!?!!?

時間はすでに21時になろうとしています。

この近辺で遅くまでやっているのは、イエローハ〇トさんのみ。

帰り道のカーショップは全部終了。

仕方なくホースで水ぱんぱんに入れて片道5分くらいかな???走りました。

きっと5分ならもつと信じて。

店員のお兄さん

代車ないんでとりあえず水入れておけば大丈夫っすよ
代車は早くて2日後かな

せめて見てから言ってよ!!!

水で代用可能なのは知ってるけど、怖いから冷却液買うから入れてくれ!!!

とゴネて入れてもらうと、そのまま流れ落ちていきました。

ぱんぱんに入れたお水も減ってたしね。

それを見た店員さんは

店員のお兄さん

すみません、このまま置いて帰ってください

ですよね!?!?!?

ちなみに私のスイフトスポーツの「たかしくん」←当時の推しの誕生日がナンバーだった

車検通して1か月もしないうちの悲劇です。

車検はその時点での話なので次の車検まで大丈夫というものでもないんです。

知ってたけどショックです。

おそらくは飛び石がエンジンルームに入っちゃったんでしょうねぇ。

下は無防備ですもんね。

でも暖房が効かないなんて一見何でもなさそうなことも予兆なんだなと思いました。

青や緑の警告灯

この辺りは作動してるよ!!!

というものですが。

中には赤や黄色もあるけど作動中だから大丈夫。

特に注目してほしいのはこれ!!!

基本、夜間は上向きで走ります。

でも対向車が来たら下向きに変えるものなのですが、

意図せずずっと上向きなのに気が付かないというのはちょっと迷惑かなと。

警告灯ついたらどうする?

安全場所に車を止めて連絡するのですが、じゃあ修理!!!となったらどうしますか?

自走できるのか救助を待つのか。

もし修理工場やディーラーが終わっている時間帯だったら???

その時はJAFか任意保険のロードサービス呼びましょう。

もし即入院ということであれば、修理工場があくまでそのまま預かってくれたりもしますよ。

故障とドキドキしながら走るのは、完全に意識がわき見しています。

それくらいなら諦めて走らないという選択肢も残しておいてくださいね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

警告灯は完全に故障する前に教えてくれています

これに気が付かないというのは大変危険な行為です。

裏を返せばスピードメーターさえ見ていないことになりませんか???

ちょいちょいスピードの確認したり、信号待ちでチェックしたりと方法はあるはず。

確認するということを忘れないようにしましょう。

あいらでした!!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる